MACHI SOUND

還暦おやじが感性のままにお邪魔する、私小説か失笑節か、徒然ままにそのままに...

番目の来訪者です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モノ創り

グリップ

えぇっ、昨日は朝一に鍼灸院にて躰のメンテ、

へてからアジトにこもり、練習そして録音。

この録音が、異常に時間がかかる。

今回のミニアルバムは、私独りで作るつもり。

ま、早い話が、プロの方々にお願いする予算が無い、

ちゅうことで、無理を言う根性もございませんのよ。

これは、負け惜しみでありまするがぁ、

一度、極端に音数を減らした、弾き語りに近い、

アルバムを作ってみたかったのよ。

どうも、最近、声そのものに、異様に説得力が出てきたみたいなのよ。

(ほんまかいな...)

んで、写真。

只今「エルバ」さんより、絶賛発売中の、

子ども歯ブラシ及びミラー用の「グリップ」。

ウチの零細で設計・製作したのよ。

素材はシリコンゴムで、ソフトに手のひらにフィトするから、

好評みたいだヮよ。

んで、気をよくして、第二弾を思案中。

内容は、まだ発売されていないから、ひ・み・つぅ。

なんやかんや言うて、私って、モノ創りが好きなのかしらねぇ。

ほんまほんま。



初孫のお宮参りの同日に、音楽仲間がお亡くなりになる...

生と死が鮮明に、浮き彫りになり、どうにも頭の整理がつかない。

それが人生と言ってしまえば、それまでですが、

若すぎる旅立ちは、残念であり、無念極まりない。

ご冥福を祈る言葉より、幾度となくかわした握手の

温もりと力強さを忘れない限り、

私は、「彼」の分まで、歌い続けるしか、他に手立てがない。

アルバムを見据えて「Kobe Harbor Light」。

「あかし市民広場」、敢えて、軽快な曲にしました。

天国へ逝くには、軽快な唄の方がいいだろう。

さらば、音楽仲間。

親子・師弟ライブぅ !

emotion.jpg

えぇっ、どこぞの大統領さんがぁ、

環境保護関係の予算を削りぃ、軍事費の増額を宣言しぃ、

国境に壁をこしらえてぇ、その作業で雇用を促進すると宣っておりますがぁ、

軍事は儲かりまっさかいにぃ、あの方が手を出してない訳もなくぅ、

壁を作る州は、あのお方の支持率の高い州でございましてぇ、

なにかしらぁ、ご自身の利益に繋がること優先でぇ、

未だ、側近すら定まっていない状況なのにぃ、

ほんまに自国のことを考えているのか、訝しく思うのはぁ、私だけぇ ?

んがぁ、しかし、みなさん ! ご安心くだされ !

私目の、この親子・師弟ライブは「無料」でございます。

売り上げをちょろまかし、私腹を肥やそうなんぞ、

これっぽっちも考えてございません。(きっぱり)

どうか、安心してスマホのスケジュールの中に、

ポチッと入れといてくださいましな。

「あかし市民広場」、でっかいスクリーンがございまして、

只今、その映像をこしらえるのに、四苦八苦しておりますのよ。

ほんまほんま。



鬼には鬼の都合あり

SS-560.jpg

ここで一句。

「恵方巻き すがる思いで 西東...」

もう一句。

「孫ができ にぎる豆にも ちから入り...」

しかしぃ、なんでございますなぁ、

鬼のように忙しいかと思えばぁ、鬼のように暇になりぃ、

ま、個人的には、なんじゃかんじゃと忙しいのですがぁ、

いずれにしてもぅ、「鬼」とは縁の深いことでございますぅ。

まま、鬼も、すきで鬼をやっとるわけではないのでしょうがぁ、

この極端な寒暖の差は、精神的によろしゅうないですヮなぁ。

これって、トランプ効果ぁ ?

この時間、もう少し早ければぁ、もっとイタチのそばにいてやれたのにぃ、

皮肉なものでございますぅ。

どうせ台湾出立の頃に、バタバタとして来るのでしょうなぁ、

ほんま、誰か見とんのんとちゃうかぁ、ちゅうぐらいのものであらしゃいます。

台湾語の一つでも覚えればよいものを、さらさらそんな気はなくて、

まったくもって、無精にもほどがございますヮね。

実はぁ、録音もせにゃならんのですがぁ、

1月のダメージから未だ脱却でけんのですかねぇ...。

ほんまほんま。



SS-559.jpg

えぇっ、昨日、零細のパソコン環境がよろしくないのでぇ、

試行錯誤いたしましてぇ、PCをネット関連のものと、

実作業(作図・プログラミング)専用とに機器を分けることにいたしました。

で、いよいよ古くなった21インチブラウン管のモニターを動かそうとしたときにぃ、

...動きまへんねん。

へっ ? くっついてるの ? と思いきやぁ、ちゃいまんねん。

非常に重たいのですヮ。

いや、確か、ここに設置したときは、私が一人で抱えたはず、

しばし瞑想いたしましたがぁ、はたと気がつき。

なんと、ここ十数年のうちにぃ、そんだけ体力が落ちたっちゅうことでございくすヮ。

なんと情けない。としゃぁとりたくないものであらしゃいますぅ。

さて、この鬼のように重たいモニターをどうするか...

現在、絶妙なバランスで事務イスの上にのしてございますがぁ、

きっとまたぁ、零細工場にぃ、「ウガ~ッ !」と言う声がぁ

ほんまほんま。

前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。