MACHI SOUND

還暦おやじが感性のままにお邪魔する、私小説か失笑節か、徒然ままにそのままに...

番目の来訪者です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男劇場

男劇場

えぇっ、最早9月のお話でございますがぁ、

「男劇場」in「舞子こずみっく」さんであらしゃいます。

久しぶりの「津田圓三」氏との2マンでございますヮよ。

津田さんの、なんとも言えない、この飄々とした風貌、

そして、その生き方がなんとも魅力的なお方でございます。

ある意味、男の願望的なところがあり、

詳しくは、ステージでお話されると思いますので、

それを楽しみにしてくださいましな。

ま、トシを重ねるっちゅうことはぁ、

見たくないものを見、聞きたくないことを聞き、

経験したくないことをする。

そのかわり、嬉しいこと、喜ばしいことは一入でございますのよ。

それを唄に反映する、それ以上でも以下でもない。

弱い者の味方をする訳でもなく、

強いものと対峙するわけでもない、

ただ、一生懸命に慎ましく生きている人たちの、

傍らに在りたい。

つまり、「ウソ」は歌えないっちゅうことやね。

そりゃ、売れるわけないヮな。

かかーし、いや、しかーし、感じるモノはぁ、

ビンビン来ると思うヮよ。

あらあらかしこ、ほんまほんま。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://machisound.blog46.fc2.com/tb.php/2464-a53e9330
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。