MACHI SOUND

還暦おやじが感性のままにお邪魔する、私小説か失笑節か、徒然ままにそのままに...

番目の来訪者です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇しくも、しもむらだらけの夜。

下村だらけの夜

えぇっ、佐藤さんや田中さんに比べてぇ、

案外にぃ「下村」姓の方は少のぅございましてぇ、

ましてぇ、有名な方なんぞ、極端でございます。

無論のこと、私共も無名でございましてぇ、

ま、「ソウシ」くんは、ちょいと知られてございますが、

その分、私が足を引っ張っておりますけんどね。

しかしぃ、どのみちステージに立てば、有名・無名関係ございませんで、

私からすれば、親子ほどトシの違う若い子たちと、

お互い遠慮無しのガチンコでございますのよ。

しやから、おもろいのですけんどね。

同姓であっても、まったく個性の違う三人。

それぞれの目に映る景色が唄となりぃ...、

おっと、考えてみりゃ、みんな作家ですものね。

それぞれのカラーが調和するもよし、

反発しあってサイケデリック(古ぅ)になるのもよし。

それこそ、奇しくも、しもむらだらけの夜なのよ。

あらあらかしこ、ほんまほんま。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://machisound.blog46.fc2.com/tb.php/2419-920078cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。