MACHI SOUND

還暦おやじが感性のままにお邪魔する、私小説か失笑節か、徒然ままにそのままに...

番目の来訪者です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丹波篠山古美術茶屋

篠山

えぇっ、「黒豆」を求めてぇ、丹波は篠山市へ、

混み合うことは、了解済みでありますからして、

早めの出立といたしました。

カーナビに従い、不安になるような細い道を抜けまするとぅ、

いきなり、このようなお店に出会したでございますのよ。

写真、嫁がブツを注文しておるところでございます。

で、待つこと5分少々、農家から採れたての「黒豆」が届き、

計画通り、好物をせしめたわけでありますけんどぅ...

ちと、待って、....このお店、古美術茶屋であーりませんかぁ、

かなり古い家、と言うよりもお屋敷でございまして、

なして、「黒豆」を販売しているのか、ようわかりませんが、

店内には、確かに、古美術品が処狭しと並んでございました。

ええ雰囲気であらしゃいますぅ。

中庭を抜けまするとぅ、奥に茶屋がございまして、

これまた、風情よろしおますぅ。

で、このお店の目と鼻の先に、これまた渋い「蕎麦屋」がございまして、

こりゃ、近々、ま、「黒豆」騒動が治まってあたりにぃ、

蕎麦を食し、このお店にて茶をしばくきにぃ、来なあきまへんなぁ。

んで、帰りに篠山「JA」にて、野菜を仕入れる。

えぇコースなんとちゃいまっかぁ。

ほんまほんま。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://machisound.blog46.fc2.com/tb.php/2330-67152b18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。