MACHI SOUND

還暦おやじが感性のままにお邪魔する、私小説か失笑節か、徒然ままにそのままに...

番目の来訪者です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴキブリの日

ラブソティ

えぇっ、昨夜は実に奇妙な夜でありましてぇ、

夕刻より、急に湿度が上がってきたなと思っておりましたところぅ、

嫁は夜勤で、娘と私二人で夕食を採っておりましたのよ。

するとぅ、目の前をプ~ンと、カブトムシ如きものが通過したではありませんか。

いち早く反応したのは娘でございましてぇ、

ご、ゴキブリぃぃぃぃぃっ !! と奇声挙げてございます。

空かさず私目は、ゴキジェットをまるで拳銃の如く構え、

一撃で仕留めたのでありますけんどぅ、

そのときに、なにやら訝しく思ったのでございますのよ。

コ奴ら、わざわざ己の居所を知らせるが如く飛翔するとは、

らしからぬではないか...で、動きが妙に鈍く感じたしぃ...

ま、いいかと食事をすすめておりましたところぅ、

なんと、二匹目が私の背後の壁にぃ、ノコノコと姿を現したではないですか、

空かさず、私は「拳銃無宿」のスティーブ・マックインのようにゴキジェット !(古ぅ)

間髪を入れずに、娘の背後を三匹目が飛翔、

私は「ダーティー・ハリー」のキャラハン警部のようにゴキジェット44を発射 !

むふふふふっ、さすがにまいったやろ、こりたやろぅ、

と、食事も終わり、梅酒でもいただこうかと思った矢先にぃ、

「ポタッ...」妙にざわつく音...

なななんと、四匹目が娘の頭に不時着したではありませんか !

娘がこの世のモノとも言えない奇声を挙げたのは言うまでもなく、

そう、「エバンゲリオン」暴走したときのようなぁ、

私は「ガンダム」アムロ・レイの如き身のこなしでぇ、

四匹目を追いつめ、ゴキジェットビーム砲でとどめを刺したでございますのよ。

なんと面妖な、僅か数十分の間に四匹ものゴキが飛翔するとは、

しかも、ど奴も明らかに動きが鈍い...

昨夜は、なにかしらん、奴らの感覚を狂わせる

磁場のようなものが発生しておったのでありましょうや。

最後に、オチをつける訳ではないのですがぁ、

あまりにも興奮状態に陥った娘が、なんと、鼻血を垂らしよりましてぇ、

私、本人はいたってマジなので、笑いを堪えるのに苦労したでございますヮよ。

就寝時、その光景が浮かんでまいりまして、思い出し笑いしきり...、

ま、なんとも面妖で滑稽で奇妙な夜でございましたぁ。

ほんまほんま。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://machisound.blog46.fc2.com/tb.php/2313-48d6c96c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。