MACHI SOUND

還暦おやじが感性のままにお邪魔する、私小説か失笑節か、徒然ままにそのままに...

番目の来訪者です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラプソディ

ラブソティ

「ラプソディ」...狂詩曲。

自由奔放なる民族的な曲、あるいは叙事的な曲...だそうです。

ま、我々の唄が民族的か叙事的であるかは、さておきましてぇ、

自由奔放であることは間違いございませんな。

が、この自由って奴はぁ、案外にぃ不自由でございましてぇ、

当然、モラルがございましょうし、自分で自分を縛りに掛かってございます。

即ち、奔放であるかどうかは、危ういのでございますのよ。

んなこたぁ、よござんして、

研ちゃんこと「鎌倉 研」氏と、私目と、弟子の取り合わせでごんざります。

.........妙な取り合わせでございますなぁ。

ま、鎌倉 研氏の神戸進出の片棒を担がせていただいた具合であらしゃいますのよ。

彼のウイットに富んだジョークと、益々渋みのある唄を存分にお聞きくださいましな。

もちろん、私も弟子も、存分に演らしてもらいますので、

そらもぅあーた、おもろいステージになりますヮよ。

この企画、よろしければシリーズにしてもええかもですなぁ。

にしてもぅ、木曜日・金曜日と連ちゃんでございますかぁ。

こりゃまた、零細の段取りを着けるのが大変でございますなぁ...

こう言うのを、自分で自分の首を絞める、っちゅうやつでしょなぁ...

どこが、自由奔放やねん。

ほんまほんま。







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://machisound.blog46.fc2.com/tb.php/2293-3ed0ccce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。