MACHI SOUND

還暦おやじが感性のままにお邪魔する、私小説か失笑節か、徒然ままにそのままに...

番目の来訪者です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キミへの遺言

SS-442.jpg


君への遺言


男は心で誓ったとを 口にはしないんだ
独りで生きてるみたいに 振る舞たっりもして

出会った日から 定めが始まり
やがて静かに 終わりが来る

瞼を閉じれば ボクの傍らに
いつでも キミがいた

もしも 生まれ変われるなら
ボクは やっぱり キミをさがすだろう
それが どれだけ 遠い日々でも...
キミをさがすだろう。


一度も愛しているなんて 言った覚えがない
年を重ねて育むもので 愛しさに変わりはない

子どもが巣立って また二人に戻り
やがて静かに 終わりが来る

瞼を閉じれば ボクの傍らに
いつでも キミがいた

もしも 生まれ変われるなら
ボクは やっぱり キミをさがすだろう
それが どれだけ 辛い旅でも...
キミをさがすだろう。


その内、曲もUPしまーす。

ほんまほんま。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://machisound.blog46.fc2.com/tb.php/2229-9d304f01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。