MACHI SOUND

還暦おやじが感性のままにお邪魔する、私小説か失笑節か、徒然ままにそのままに...

番目の来訪者です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ...「手術」

SS-430.jpg

仕事の相方が手術をすることになった。

でぼちんの両サイドに、つまり頭蓋骨にボルトを差し込んで、

固定した上で、患部である頸椎を四分割するらしい。

まぁ、そら恐ろしい話であるが、私はさして驚かない。

小学生の頃から高校生まで、整形外科手術の連続であったからである。

特に、小四の時に受けた手術は最強だった。

股関節の手術であったが、当時ではまだ術例の少ない手術で、

とにかく痛かった、現代のように全身麻酔ではなく下半身麻酔、

つまり、術部が麻酔の効く境界線ギリギリあたりであったのだろう、

4時間ほど地獄の苦しみであった。

無事にベッドに戻ってきたときに、ヘラヘラ笑った記憶がある。

術後の痛みなど、まっったく気にならなかった。

以来、ボルトやらクギやら、骨をブチ砕いたり、色々手術を繰り返して来た。

でも、そのおかげで、今も杖をつきながらとは言え、歩かせてもらっている。

感謝である。

最近、ペースメーカー挿入手術をしたが、屁でもなかった。

局部麻酔と聞いたときは、ドキッとしたが、現在の麻酔は優秀である。

さて、相方の術後の大変さは想像がつくが、二週間ほどで自宅療養になるらしい、

これも現代風と言うか、実にテンポが速い。

後は、相方の快復力に期待するしかない。


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2015/02/14(土) 17:15:11 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://machisound.blog46.fc2.com/tb.php/2191-38eee843
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。