MACHI SOUND

還暦おやじが感性のままにお邪魔する、私小説か失笑節か、徒然ままにそのままに...

番目の来訪者です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ...「ウンコ」

SS-428.jpg

朝から尾籠な話で申し訳ない。

私は、どうも「うんこ」の話になると愉快になる。

マンガ「アラレちゃん」で、主人公がウンコをツンツンするシーンなぞ、

妙に和んでしまうのである。

何故か郷愁をかんじるのである。変態かもしれない。

またぞろ、子どもの頃の話しになるが、

あの頃、ウンコはそこいらにころがっていた。

野良犬・野良猫が闊歩していた時代だし、

そもそも、家のトイレがぽっとん式で、

畑の肥料は、それを利用していたのだろう。

定期的にやって来て、それを汲み上げるバキュームカーは、

すごい臭いとともに、そのバキューム力に、

ある種の畏怖を感じていたぐらいである。

定期的と言えば、ロバのパン屋さんがやって来たのを記憶している。

当初は、本物のロバが販売車を牽引し、子どもらの人気であった。

で、そのロバが時折、りっぱなウンコをするのである。

もう、子どもらは大騒ぎであった。

いつの間にやら、ロバはいなくなり、販売車は自動車になってしまい、

そのロバのパン屋さんも無くなってしまった。

あのロバは何処へ行ってしまったのだろうか...。

友達が、そんなウンコを誤って踏んづけてしまったときの、

あの、妙な快感はなんだったのだろうか...。

今時の人が聞けば、眉をひそめそうな話だが、

当時は、概ね、そんな緩い時代だったのだ。

だからと言う訳なのかどうか、

ウンコの話や道端で犬が神妙な顔をして、

きばっている姿を発見すると、

嬉しくなってしまう私は、やっぱり、変態か...。

にしても「うんこ」は、健康のバロメーターでもある。

そうバカにするものではないと思う。

追記...小学校の頃(昔の話である)、検便はマッチ箱に実物を入れて来た。

ある友達が、どう勘違いしたのか、その箱にあふれんばかりに、

ウンコを満杯にしてきたのである。

もう、その時の教室の狂喜乱舞は、ご想像いただきたい。










スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://machisound.blog46.fc2.com/tb.php/2187-6df32de9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。