MACHI SOUND

還暦おやじが感性のままにお邪魔する、私小説か失笑節か、徒然ままにそのままに...

番目の来訪者です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめに一言...

SS-414.jpg

ま、所詮世の中は「いじめ」だらけでございまして、

今更、綺麗事を言うつもりはござんせんがぁ、

学校でのいじめも相変わらずのようですなぁ...。

30人制でも結果が出ないので、元の40人制に戻し、

その分、教職員の数を減らし、予算がだいぶ浮く、あーこりゃこりゃ、

などと考えておるバカな官僚がおるそうですがぁ、

まま、これもある種のいじめでございますヮな。

学校でのいじめの手法も色々ありますが、

給食の中に異物を混入するのは、堪忍してほしいものでございます。

もしも私の給食に異物が混入されていたら、

怒り狂って暴れておったでしょうねぇ...。(給食が一番楽しみやった...)

へぇっ ? そんな輩は、いじめの対称にはならん ?

小学校で、女児の二つのグループが、そんな所行を

競い合って、やっておったそうなのよ。

ゲスの極みと言いたいところですがぁ、

子どもは、人間性の岩石みたいなもので、

環境、あるいは磨きようによって、どのようにでも変わりまヮな。

早い話、親がツバを吐きゃあ、子も吐く。

信号無視すりゃ、子も無視をする。

人を罵しりゃあ、子も罵る。

ま、子は見事に親(大人)の鏡ですヮなぁ...。

勘違いしちゃあいけないのですが、学校は教育の現場で、

「しつけ」をするところではありません。

そ、「しつけ」は、親の仕事ですぜぃ。

子に、してはいけないこと、やらなければならないことを教えるのは、

親のもっとも重要な役割じゃぁあーりませんかぁ。

しやから、私がアホやから、ウチの子たちもアホですがな、

(奴らが、それを否定せんのが辛い...)

んがぁ、長男がチャリをパクって警察に呼び出されたときはぁ、

思いっきり、シバキましたヮなぁ...。

その痛みを、親も子も一生忘れんもんでございましょう。

そんなもんじゃぁないですかい。

ほんまほんま。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://machisound.blog46.fc2.com/tb.php/2162-dcca0d84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。