MACHI SOUND

還暦おやじが感性のままにお邪魔する、私小説か失笑節か、徒然ままにそのままに...

番目の来訪者です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独り唄・明日




「イヴの夜」

イヴだからと言って、特に何があるわけではない。

まして、奇跡が起こることもない。

すり寄ってくる災いに、

もう、慣れっこの視線をくれてやり、

抗う気持ちを、お首にも出さず

慎ましやかな一日を見せしめにするんだ。


酒で癒されるのは、飢えている証拠。

気安く愛を唱えないでおくれ、

そんな簡単に手に入るものじゃないし、

愛される理由が見つからないんだ。

華やいだ街を横切れば、

いつもの沈黙が焦れているじゃないか。


でも、イヴの夜は嫌いじゃない

ケーキを片手によたつく親父や

家路を急ぐ人の浮かれた足音

ささやかな幸福を眺めていれば、

もの影で、誰かが鼻で笑ってやがる。


イヴに送る、即興的な詩であらしゃいますぅ。

ほんまほんま。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://machisound.blog46.fc2.com/tb.php/2160-0f2d0bfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。