MACHI SOUND

還暦おやじが感性のままにお邪魔する、私小説か失笑節か、徒然ままにそのままに...

番目の来訪者です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼を泣かせる。

おやじたちの晩餐-1

来年の事を言えばぁ、鬼が笑うそうでございますがぁ...

むしろ、泣かせてやろうじゃあーりませんか。

音楽仲間Kazun氏お手製のフライヤー、早々と仕上がってございます。

ご覧くだされ、このおやじたち...

おやじはおやじでも、ただのおやじたちじゃぁござんせんヮよ。

妻子持ちの、紛れもないおやじでありまするがぁ、

音楽に対する情熱は半端ございません。

それぞれが音響機器を持参し、ライブを企画運営し、実施されてございます。

私は別といたしまして、この方々にお世話になった人たちが、

けっこういらっしゃるのではございませんか。

また、会場となる「高架57」のオーナーさまも、

まぎれもない、おやじでありまして、ちょいとカッコ良く、

そして気持ちの良いお方であらしゃいますのよ。

この企画、言い出しっぺは私でございますが、

まぁみなさん、それぞれの立ち位置をよく御存知でありますからして、

何も言わなくても、しなくても、話がスルスルと進んで行かしゃりますヮな。

へぇっ ? こんなおやじたちばかりでぇ、加齢臭漂うライブになるのんとちゃうか ?

ですってぇ ?

生まれも育ちも違うし、それぞれに泣き笑いした人生であらしゃいますがぁ、

確かに、髪の毛も白く薄くなってございますし、若干のヨレもございますがぁ、

秘めたる思いは、そのソウルは、脈々と熱つぅございますヮよ。

加齢臭よりも、むしろ、焦臭いのとちゃいまっかぁ !

ほんまほんま。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://machisound.blog46.fc2.com/tb.php/2159-62b6dcc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。