MACHI SOUND

還暦おやじが感性のままにお邪魔する、私小説か失笑節か、徒然ままにそのままに...

番目の来訪者です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギターと私...

SS-399.jpg

えぇっ、最初に弾いたギターはぁ...

兄貴からのお下がりのガットギターだったと記憶してございます。

なんしか、小・中・高と病院生活が長かったものでぇ、

ま、勉強もせんで、そのギターを弾きまくっておりましたのよ。(アホの始まりやね)

当時は、コード符なんて洒落たモノは見あたらなかったしぃ、知らなかったしぃ、

てけとうな和音で、オリジナルを作っておりましたなぁ。(間違いの始まりぃ)

へぇっ ? なしてギターを始めたですってぇ ?

そら、あーた、モテたい一心だしょ。それ以外のなにものでもない ! (きっぱり)

で、その次に手にしたのが、親父に買ってもらった田村製のフラメンコギター。(バカ息子)

当時、ホセ・フェリシアーノさんに憧れておりましたものでぇ、無理を言ったのよ。

んで、無理ついでにヤマハのフォークギターも買ってもらった記憶があらしゃいますヮ。

親不孝の極みやね。

やっと自分で手にしたのが二十歳頃で、確かぁ「五つの赤い風船」の何方かから、

マーチンD35を割賦で購入させていただきましたぁ。

おそろしく、ええ音してましたなぁ...。

日本全国、つづうらうら、一緒に旅したものです。

そして、ヘッドウエイの初期モデル、これもよろしい音でした。

時代と共にステージ事情が変わり、生音が難しくなり、

早くからライン入力モデルを手がけていた、タカミネを購入し、

そして、ついにぃ、「DANO」製のぅ「明彦丸」と巡り会った訳なのよ。

五十年越しの巡り会いなのよね。

最近では、私目の唄よりも「ギターの音に感動しましたぁ」とのお声もございましてぇ、

いささか複雑な心境ではありますがぁ...嬉しいヮぁ。

さて、気が付けばぁ、私とギターは半世紀も共に過ごして来た訳であらしゃりますがぁ、

ギターには申し訳ないのですけんどぅ...相変わらず下手くそでごめん...。

その代わりぃ、魂だけは込めてございますヮよ。

(ややっこしい魂やろなぁ...)

ほんまほんま。







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://machisound.blog46.fc2.com/tb.php/2120-697bc0cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。