MACHI SOUND

還暦おやじが感性のままにお邪魔する、私小説か失笑節か、徒然ままにそのままに...

番目の来訪者です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海洋少年団 ????

少年団

えぇっ、本日は朝一にぃ野暮用でぇ、合同庁舎へ行ってまいりましたがぁ、

庁舎は港側にありましてぇ、用事を済まして、ふと港を眺めまするとぅ、

なんと「海洋少年団」なるものがあるではないですかぁ !

如何にもアジトテイストな、ノスタルジックなぁ、建物であらしゃいますぅ。

はて、何するものぞと、想像を巡らしつつその場を後にしましたが、

妙にこの「少年団」なる言葉に興味を惹かれますのはぁ、

やはり、子どもの頃の「少年探偵団」に胸を高ぶらせておったからでありましょうや。

そう言えば、当時、其処此処に空き地があり、

草木を利用して「基地」なるものを作り、近所の悪ガキが集まり、

あーだこーだと遊んだものでごんざりますのよ。

今では、考えられない自由奔放さであらしゃいましたなぁ...。

なにせモノが不足しておった時代ですから、あらゆるモノを利用して、

玩具にしたり、工夫して遊んだものでございます。

おかげさまで、創造力だけは、このトシになっても枯渇してないようですけれど、

どうでしょう、現代のゲーム機器、そしてゲームソフトは、あまりにも完成度が高く、

逆に子どもたちから創造するチャンスを奪っているのではないかと、

心配しても始まらないことを心配するのは、私だけでありましょうや。

さて、この「海洋少年団」、何するモノぞ深く詮索するのは止めにしておき、

私の想像のままに、おいておきましょう。

そうしまひょ。

ほんまほんま。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://machisound.blog46.fc2.com/tb.php/2103-62be9a13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。