MACHI SOUND

還暦おやじが感性のままにお邪魔する、私小説か失笑節か、徒然ままにそのままに...

番目の来訪者です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デイ・アフター・トゥモロー

パーティ-1

えぇっ、本日はアメリカの独立記念日でございますがぁ、

私、基本、FBでは宗教的・政治的な発言はしないように心掛けてございます。

皆さんとは、「素」の部分でお付き合いしたいと考えておるからであります。

世は「集団的自衛権」で賛否両論わかれてございますが、

それぞれの意見はどうであれ、どちらさまも、戦争は愚かな行為であり悲惨極まりないもの、

そして、平和をこよなく愛してございましょう。(一部の特殊な方々を除いては...)

「デイ・アフター・トゥモロー 」直訳すれば明後日、あるいは近い将来。

映画では、ある日突然、気象異変により、氷河期がやって来るというお話でございます。

つまり、このままで行けば「突然に」何かが起こる、というのがキーワードであらしゃいます。

さて、ここからは私目の妄想でございますがぁ、

尖閣諸島界隈、私たちに知らされてないだけで、

実は現場ではかなりシビアな状態になっておるのではと推測いたします。

ま、実際、ロックオンされれば即戦闘状態に陥るのですが、

パイロットは怖かったと思いますよぅ。

ボタンを押されれば、次の瞬間死ぬのですもの...よく耐えたと思います。

稚拙な解釈で申し訳ないのですが、今の彼の国、

戦前の日本の状況によく似ていると思ってしまうのです。

つまり、政治より軍隊の方が発言力も力も勝っている。

あの恐ろしいほどの軍事費を見れば、容易に推測できます。

何故、そんなに軍備を増強するのでしょうか...。

以前、尖閣諸島を欲するのは、そこにある資源が要因だと思っておりましたが、

否、ベトナム事情でわかりましたが、彼の国は領海を広げるのが目的なのでしょう。

尖閣をせしめれば次は「沖縄」...。

冗談じゃない ! また沖縄を渦中にするのか !

これは、あくまでも、私目の妄想でございます。

しかし、万物の生業はすべからく「バランス」であると考えてございます。

世界情勢のバランスは絶えず変異し、むしろ混沌としてまいりました。

第一次世界大戦、あるいは第二次世界大戦時のそれの如く。

これは、大災害を経験してた者の本能かもしれませんが、

「その日」は、突然にやってくるのかもしれません。

日本人は、平和を維持するために、

よほど腹を括っとかんとあかんのではないでしょうか...。

ですから、私はアホでも、人間性を歌い続けるのであった。なんちって。

ほんまほんま。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://machisound.blog46.fc2.com/tb.php/2030-b6f05792
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。