MACHI SOUND

還暦おやじが感性のままにお邪魔する、私小説か失笑節か、徒然ままにそのままに...

番目の来訪者です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

握手券。

SS-341.jpg

えぇっ、日々、何かに追われ、急かされ、

そのくせ欲深く、救いようのない俗物でありますけれど、

せめて唄う時は、まともでありたいと思ってございます。

さて、何がまともでまともでないのかも、解っておらんのでありまして、

ま、いわゆる唐変木とでも申しましょうかねぇ...。

CDを売るが為に「握手券」を付ける、買えば買うほど、握手する時間が増える...

私には理解できないことでありますけんど、

ファンの方々にとっては、とても重要なことなのでありましょう。

ただ、そんなにCDを買うのなら、世界中にもっと色々な音楽CDがあるのにぃ...

と、思ってしまうのですが、おそらく次元が違うのでしょうね。

それを仕掛けて、裏で莫大な金を儲けている奴らには、

私如きではありますが、いささか、むかっ腹が立ちまするがぁ...。

でも、会場にお運びいただいたお客さまが、奏者と若干でも

ふれ合いたい気持ち、わかりますヮ。

私は、いつもアウェイのつもりで歌っておりますので、

私の理解者は少ないものと諦めているのですけれど、

案外に、そうでもないのかもしれませんねぇ。

遠慮せずに、もっとお客さまとお話するべきなのかしらん。

しや、「握手券」付けたら、CDが売れてライブ会場に

ぎょーさん来てくれはるのやったら、私も真似しよかしらん。

んで、きれーなねーちゃんやったらハグ券も付けるヮよぅ。

(救いようのない、俗物である...)

ほんまほんま。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://machisound.blog46.fc2.com/tb.php/2000-f75df655
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。