MACHI SOUND

還暦おやじが感性のままにお邪魔する、私小説か失笑節か、徒然ままにそのままに...

番目の来訪者です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気が付けば、後一週間 !

Dear Friend 5-1

えぇっ「ディア・フレンド」も、随分と回を重ねてまいりましてぇ、

はて、今回で何回目かしらん。

んまぁ、そんなことはどうだってよいことで、問題は中身であらしゃいますね。

今回は、地元音楽仲間の「Kazun」氏と「Enjeu tomo」女史とご一緒いたします。

Kazunさんの音楽活動は長く、おそらく神戸市内のほとんどのライブハウスを

網羅されているのではないでしょうか。

もちろん、顔も広く、私なんぞは、音楽活動で困ったことがあれば、

いつも助けて頂いてございます。(ちゃっかり)ハイ。

最近では、ウチの弟子までもがお世話になり、申し訳ない限りでございます。

ま、大抵の方は、それだけ長くやっておりますとぅ、

いわゆる「ブル」、偉そぶるのでありましょうが、

この方は、まったくそのようなことはなく、純粋に音楽を楽しんでらっしゃいます。

私のような俗物とは、まったく正反対のお方でございますな。

特筆すべきは、そのフットワークの軽さ、

あちらと思えばこちら、こちらと思えばまたあちら...

神出鬼没とはこのことでありましょうや。

フィンガリングが美しく、カバーからオリジナルまで、

とてもロマンチックなステージであらしゃいます。

tomoさんのパーカッションと相まって、楽しみではあーりませんかぁ !

ほんまほんま。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://machisound.blog46.fc2.com/tb.php/1976-1c62ec87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。