MACHI SOUND

還暦おやじが感性のままにお邪魔する、私小説か失笑節か、徒然ままにそのままに...

番目の来訪者です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代のベートーベン ???

2月-1

いやーっ、キャッチフレーズとは言え、ベートーベン氏の名を語るとは、

いささか呆れかえりましたなぁ...。

とにかく、天才だとか歌姫だとか、建前を好む習性がございますねぇ。

さて、とんでもないキャッチを付けられた今話題の御仁。

聴覚に障害があるということで、ベートーベンに例えられたのでしょうが、

お見受けしたところ、流暢に喋りはりますし、

障害があったとしても軽度ではなかろうかと推測しますが如何。

世にハンディーをお持ちの音楽家はたくさんいらっしゃいます。

私の大好きな、レイチャールズさんやスティービーワンダーさんは御存知の通り、

盲目でらっしゃいますが、いざステージに立ちますと「んなの関係ねぇ」であらしゃり、

おそらく、恐ろしいほど練習をされたのでしょうが、

ことさらに、それを売り物にする必要も気もないし、遥かに超越してございます。

何を隠そう、私も2才の折りにポリオを発症し、2種4級の障害者であり、

なんと、心臓発作で死にかかり、ペースメーカーをぶちこまれましたので、

ついには1種1級の重度と相成りましたでごんざりますのよ。

以来、ペースメーカーシンガーソングライターとシャレておりますが、

ま、実際に命がやばかったのでありましょう。

んがぁ、それもこれもステージに上がるまでのことで、

一旦マイクの前に立ちますると、それこそ、んなの関係ねぇであらしゃり、

ハンディーを観客に感じさせてしまうなら、それは私の負けだと考えてございます。

ただし、誤解の無いように、これはあくまでも私個人の考えであり、

そんだけステージが好きであると解釈してくださいましな。

確かに、ハンディーは音楽にのめり込んだ要因の一つではありますけんど、

本音を言えば、女の子にモテたいからで、モテたい一心で必死に練習したのよ。

さて、切ないキャッチで18万枚もCDが売れた問題の楽曲ですが、

本当に優れたものならば後世に残るでしょうし、

でなければ、単にキャッチに踊らされたと言うことではござんせんかい。

ゴーストライターなんぞは、たいして珍しいことでもなく、

TVにしてもコンサートにしても、音楽業界で口パクが横行する昨今。

本物を見抜く力を養わなあかんちゅうことでございますな。

ほんまほんま。

追伸、ペースメーカーシンガーソングライターって、けっこうキャッチーなのに、

   誰も相手にしてくれまへんなぁ...。







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://machisound.blog46.fc2.com/tb.php/1924-2b841199
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。