MACHI SOUND

還暦おやじが感性のままにお邪魔する、私小説か失笑節か、徒然ままにそのままに...

番目の来訪者です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブの魔物...。

SS-307.jpg

私、時々、ふと思うのであります。ハイ。

「なしてライブするのかしらん...」。

別に多くの方々から熱望されている訳ではなく、

まして、採算がとれる目処もなく、むしろ赤字続き...。

「イヤやったら止めなはれ」と言う、お言葉が返ってきそうでありますがぁ、

さりとて、アジトにこもるばかりでは寂しすぎる...。

「結局、歌いたいからでしょう。」と結論付けるのも早計で、

賢明なる貴兄からは、失笑されるかもしれませんけんどぅ、

私、思うに、ライブ会場には「魔物」が棲んでおるのかもしれませぬ。

いや、実に暖かくて、そのくせ凍えるように冷たくて、天使のような魔女かもしれませんなぁ...

残酷なほどの喪失感と舞い上がるような高揚感が表裏一体、

そのアメと鞭で、私を捕らえて決して放さない...。

私が、今、ここで、ライブ開催を止めたとしても、だーれも困らない。

「AKBを卒業しまーす。」のように大騒ぎになるでもなく、

それこそ、星の数ほどあるライブの灯火が、一個消えるだけで、

全体からすれば、まるで屁のような、いや、屁ならまだ臭いが残るけれど、

私の場合、最初から何もなかった如くでございましょう。

んだが、しかし、またぞろ私はマイクの前に立つ。

上手く行けば、天使のように満面の笑みを浮かべてくれて、

失敗すれば、魔女のように舌打ちをされる...。

そんな魔物に取り憑かれて、まな板の鯉が如く、それでも敢えて挑み掛かる私はぁ、

ほんに救いようのない「アホ」なのでしょうなぁ...。

ほんまほんま。



スポンサーサイト

コメント

魔物ですね、怖いですね・・・いつも逃げたくなるので最近は桧舞台に立たず、奈落の底からこっそり覗いているようなミュージシャン生活をしているのです。

悪魔と十字路で取引して、魂を悪魔に売ると引換に名声が得られるそうですよ・・・

  • 2014/01/11(土) 23:46:41 |
  • URL |
  • Northfield #-
  • [ 編集]

Northfieldさま

歴戦の達人が、そう仰るのですから、
まっこと魔物は手強いのですよねぇ...。
十字路で魂を売り渡せば、確かに無敵になるのでしょうけれど、
やがては身を滅ぼしてしまうのですよねぇ...
私には、その根性がありませーん。
半端者です。

  • 2014/01/13(月) 08:37:10 |
  • URL |
  • 下村明彦 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://machisound.blog46.fc2.com/tb.php/1902-639271ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。