MACHI SOUND

還暦おやじが感性のままにお邪魔する、私小説か失笑節か、徒然ままにそのままに...

番目の来訪者です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あられもない...

きなこ-4
まぁ...おまたおっぴろげて...肉球おっぴろげて...

これ以上リラックス出来ない風情の「きなこ姫」でごんざりますぅ。

彼女、スレンダーですから、暑さにはめっぽう強く、
この猛暑にも、よく食べ、よく遊び、よく寝るのでございます。

4月に体調崩し、エコーをするためお腹の毛を剃られたのですが、
今では、ちゃーんと生えそろい、絶好調であらしゃいます。

ま、このちっちゃい身体で、どんだけぇぇぇっ、ちゅうような、
ウンコをしはりますよぅ。ハイ。

それに比べて...

あずき-2

夏バテバテの「あずき嬢」でごんざりますぅ。

彼女、体重もあり、毛がフサフサの汗かきでございまして、
この暑さに身の置き場所が無く、あっちでぺたん、こっちでぺたん、と、
冷やっこいところを探しては、うずくまるのでございます。

食欲もあり元気なのですが、どうにもこの暑さが苦手であらしゃいます。

同じイタチ(フェレット)でありながら、
こうも違うものかと、感心しきりではありますけれど、
本人はそれどころではないのでしょうねぇ...。

そうだよねぇ...年齢的には、もう、シニアだもんねぇ...

二匹とも、私の「チュウ」を嫌います。
私のヒゲと、彼女らのヒゲがバッティングするからでしょうけんど、
意に介さず、熱烈なチュウをいたします。

いつまでも、いつまでも...来年の夏も冬もチュウするからね、
いつまでも、いつまでも...お父ちゃんのそばにおるんやでぇ...。

★下村明彦の歌はこちらで聞けます My Space


★下村明彦ライブ映像


★下村明彦のCD





スポンサーサイト

なつかしき心の街角

なつかしき心の街角

えぇっ、ウチらの地域では、地域事業の一環として、
なつかしい写真を集めております。

別に歴史的に意味のあるものや、大きな出来事の写真ではなく、
何気ない日常に写した写真を集め整理し保存に努めておるのであります。

私、懐古主義ではありませんけんど、
その何気ないスナップ写真の中に、その時々の人の思いや、
失われて行く景色などが収められておりまして、
これって、震災で多くの古き良きものが失われたこの地域にとって、
けっこう重要且つ貴重なのでありますよ。

まるで想い出を拾うように...地域の仲間たちが写真を集め、
それらの写真を、私が編集し「スライドショー」を製作いたします。

このスライドショー...以外と評判でございまして、
地域イベントや福祉関係の施設、老人ホームなどで上映されております。

んで、ブログの写真は...、
つい先日、とあるグループホームでの上映風景でございます。

認知症の方が多くいらっしゃるのですが、
どの方も、食い入るように、このスライドショーをご覧になったそうでございます。

私、なんだか胸が熱くなってしまいました...。

音楽に邁進する今日この頃...
勢い地域事に、以前のように関われなくなってしまいましたけれど...

次の世代に、うまくバトンタッチできないものでございましょうや...ハイ。

★下村明彦の歌はこちらで聞けます My Space


★下村明彦ライブ映像


★下村明彦のCD



シリコン・シンドローム

シリコン

かれこれ8年ぐらい前に、地元小学校のPTAに関わることがございまして、
小6生の卒業式にて、訓辞をする機会がございました。

およそ柄ではございませんが、
手向けのお話しをさせていただいたのでございます。

その時、お話しした内容は...「ネットサーフィン」のお話しでした。
インターネット、つまり電脳の世界を大海原に例えて、
その海原をすいすい渡っていくサーファー...。

自分にとって有益な情報を取り出し、
有害な情報は、まるでパイプラインのようにすり抜けて行く...。

要するに、子どもたちに、情報の大波が押し寄せてくることを、
その情報は一つ間違えれば、とても危険であることを、
知ってもらいたかったのでございます。

秋葉原で起こった、あまりにも惨い事件、あくまでも私の推測ですが、
犯人の影に電脳世界の暗い闇の部分に犯された感じがしてなりません。

犯行現場が渋谷や新宿ではなくて、秋葉原...。

その行動があまりにも、ドラマ仕立て、
まるでゲーム感覚のように思えてならないのでございます。

でないと、恐ろしくて、
そんなに簡単に人を殺められるものではないでしょう...。

シリコンに犯された心...

犯人は25才...十数年前の神戸は須磨で起こった少年による猟奇殺人。
その頃犯人は十代そこそこのはず...。

犯人には弁護士がつけられ、その人権は守られます。
心身膠着状態であるならば、「無罪」もあり得ます。

亡くなられた方々の人生は...無念にも、そこでお終いです。

怪我をされた方々の人生は...大きく変わってしまうでしょう。

人権について、簡単に語れるものではございませんが、
なにかしら大きな矛盾を感じてなりません。

電脳機器類はとても便利なツールです。
私も日常的に使用しております。

しかし、その電脳の世界が限りなく進化して行きますと、
現実の世界なのか、バーチャル...架空の世界なのか、
その識別が困難になり、混乱するのではないでしょうか...。

いつも、そこにあるインターネット...。
同時に、いつもそこにある、深い闇...でございましょうや...。

最後に、お亡くなりになられた方々のご冥福を、
心より、お祈り申し上げます。

怪我をされた方々の一日も早い復帰を、
心より、お祈り申し上げます。

★下村明彦の歌はこちらで聞けます My Space


★下村明彦ライブ映像


★下村明彦のCD





濡れイタチ

濡れイタチ

にょほほぅ~っ、なんともみすぼらしい。

ウチのイタチ娘たちの入浴シーンでございます。

元来、フェレットはお風呂が好きだと伺っておりますが、
ウチのコに限って、違うようで...
ご覧くだされ、どちらも固まっておりまする。

左のキナコなど必死の形相でありますねぇ...
んで、どのくらい必死かと言いますと、ウンチをお漏らしするぐらいであります。

なんとも情けない...

春になって気候がよくなったものの、
彼女たちにとっては、まさに青天の霹靂、と言うわけでございます。

この後、憤懣を晴らすが如く、家中を走り回り、
シャンプーの臭いを早く消したいので、身体をそこいらじゅうにこすり回し、
大騒ぎでございました。

なにをしてもひょうきんな彼女たちでごんざりますけんど、
体内年齢はすでにシニアでございます。

つまり色々な病気、特に癌の発生率が高くなり、
元気そうに見えても、油断は禁物なのでありますよ。

それにしてもシニアなんだから、
もう少し行儀がよくなってもよかりそうなものの...
相変わらず精神年齢は十代のまんまで....うん?...

それって...誰かと一緒やねぇ...

ははははっ...私と一緒でありました...すんませーん。

★下村明彦ライブ映像


★下村明彦のCD






焼き鳥地獄

sakura1.jpg

えぇっ、なんでございますぅ。
特急列車のように、週末がやってまいりましたぁ。

本日は夕刻より、某スタジオでラジオ番組の収録ですぅ。
なにやら4曲程度いけそうでございまして、すんごいですねぇ。

今回は、深夜の放送ではなくて、普通の夜の時間帯の放送だそうでございますよ。

収録後、時間があれば、ポロドッグに行くかもう...。

んで、明日土曜日は「灘・さくら祭り」...、
都賀川河川敷公園にて賑々しく開かれまして、
ご覧の写真のように、サクラが満開なのでしょうなぁ...。

が、私は、花見どころではございません。
朝の早よから準備に取りかかり、およそ2000本あまりの焼き鳥を焼くのでございます。
もちろん、お手伝いも来てくれますが、そらもう、鬼の形相でございます。ハイ。

で、その参加理由は...
「子どものことを考える父親の会」...略して「肩車の会」
の会長を、私、やらしていただいておりまして、
現在は、それほど活発には動いてないのですが、
ま、ある意味、地域のシンクタンクのような存在でございまして、
早い話が、地域のお付き合いでございまする。

お付き合いですから、ビールを飲みながらちんたら焼いたろ思いますが、
群衆の購買欲あるいは食欲は凄まじいものでございます。
行列ができますると、なにやら不穏な雰囲気が漂いはじめ、
それを避けるために、ひっしこちゃんりんでひたすら焼くわけでごんざります。ハイ。

今回は、小学生から中学生までの子たちが手伝いに来てくれて、
ありがたいのですが、火傷をさせないように気を配らなくてはなりません。

ま、少々の火傷は、良い経験になりますけれどね。

んでも、人がたくさん集まるところには、どんな落とし穴があるかもわかりません。
おっちゃんは、焼き鳥を焼きながら周りにも気を配らなければならんのですたい。

私の鬼の形相...ご覧になりたいかたは、いらっしゃいましぃぃぃ。
花見がてらに...。

★下村明彦ライブ映像


★下村明彦のCD








次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。